自転車で 地図も持たずに 東京→沖縄 (字余り)

自転車旅行を目論む後進への助言とニコニコ動画

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.08 Sun 14:44
9月14,15日



12日は前日のネカフェからR2を回避した先の民宿で半日寝ていた日。

13日は最も雨の中を走った日。

民宿、入眠おけるベッドと布団および枕の有用性について論文を書きたくなるほど快適でした。

エアコンもあったし。

しかしお金がなかったので夕飯はポテトチップスでした……。

民宿一家は庭でバーベキューをしていました……。

空腹ではあるものの体は癒えたので出発。

そういえばゆとりゆとり言われていますが、私の貯金自体はまだまだ余裕があったのです。

しかし如何せん定期にしていたので解約しないとなりません。

数日前から親に帰ったら定期を崩して返還するから取り合えずお金を振り込んでくれと頼んでいたのですが(これも当初の計画のうち)、予想外に渋られた結果がこれです。

その辺の説明をグダグダ書いても動画が面白くなくなるし、そもそもスペースもないしで割愛しました。

食料もコンビによりスーパーで買った方が安いことなど先刻承知です。

しかし幹線道路沿いには前者が圧倒的多数な上、空腹時に都合良く現れるというわけでもありません。

食える時に食い、飲める時に飲み、買える時に買うべし。
そして大雨。

しかし岡山での使用で既に大破している100円レインコート。

視界を奪われるほどの雨量だったので民家の軒先に避難、駐輪させていただきました。

更に傘を借りて郊外型巨大園芸用具店?まで数キロUターン(これが辛かった)してレインコートを求めます。

しかしゴアテックの高い物しか置いておらず、財布が絶体絶命の私は諦めて更にUターンしコンビニへ。

途中で車に道を尋ねられたので教えてさしあげました。

大雨の中ノースリーブ着てでヘルメット被った地元民とは思えぬ怪しい人によく声をかけたものです。

コンビニで何とかレインコートを入手し民家に戻ると、家主のお婆ちゃんがレインコートを用意してくださっていました。

何というすれ違い、私は今まさにそれを買って来たところですと説明すると方言で「そういうことは先に言え(ノ∀`)」的なことを言われてしまいました。

さすがに傘は借りられてもレインコート寄越せと言えるほど図々しく育っていませんので……。

とはいえ持ってけ持ってけ傘も持ってけとおっしゃるので、レインコートだけ頂いて行きました。

サイズが合わなかったので一度の使用で破損してしまいましたが、良い思い出になりました。

原爆ドームはレンガの赤がインパクト大でした。

近くで見ないと分からないし、写真だと大抵は灰色っぽい建物として写っていますからね。

平和記念公園では学生旅行集団?の一人にグレートジャーニーの乗り心地について尋ねられました。

じゃに子さん有名過ぎです。

幸いにも公園散策時は止んでいた雨も再開し、恐怖の夜間+雨天コースへ突入です。

夜、知らない土地を傘も指さずにあるかどうかも分からないファミレスを探して彷徨うことを想像してください。

('A`)ヴァーという感じになりませんか。

これは堪えました。

そして見つけたファミレス、あの時の嬉しさは大学に合格した時に匹敵するのではないでしょうか。

しかし、それからドリンクバーで何時間も粘らなければならないことは実に苦痛でした。

深夜過ぎからは客は僕だけ。

出発間際に店員さんに事情を話すと驚いた様子で(そりゃそうだ)、ジョイフルの割引券を何枚かくださいました。

明日になっていてもお金が振り込まれていなかったら、私は警察に事情を説明し旅費を借りることとなるでしょう。
スポンサーサイト
Calendar
2017.09.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
著者

じゃに子の人/クラ

Author:じゃに子の人/クラ
+ブログ概要+

名言


presented by 地球の名言
記事
範疇
月別
郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

書籍
フリーエリア

Copyright © 自転車で 地図も持たずに 東京→沖縄 (字余り) All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。