自転車で 地図も持たずに 東京→沖縄 (字余り)

自転車旅行を目論む後進への助言とニコニコ動画

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.26 Thu 20:53
まずはGoogle Mapを利用してルートを確認しましょう。

航空写真を見れば高低差が分かりますし、大阪などではストリートビューも役に立ちます。

宿泊場所とその周辺などを印刷しておくか、手持ちの地図に印しておけば万全です。

ネットカフェに宿泊、あるいは日中に利用する利点はソフトクリームやドリンクの食べ飲み放題だけではありません。

肝心のルートですが、基本的には国道1号(以下R1)、2号、3号と走れば着きます。

しかしこれらの道にはバイパスなどの自動車専用道路が無数にあり、そう単純にはいきません。

加えて山道を行くか海沿いを行くか、あるいは最短を進むか楽に走るか、また景観の良し悪しでも変わってきます。

自分に合ったルート選択をしましょう。

以下は参考となったサイトなど。



ママチャリロード2008 夏はこれからだ!!

@俺旅

東海道・丹波路号

東京から沖縄まで自転車で一人旅

最後のサイトはママチャリで東京から沖縄まで行った猛者の記録。

実はこの猛者、前年には北海道まで行っている健脚の持ち主です。

とはいえ彼の乗り物はママチャリなので、クロスやMTBを使えば体力のない人でも彼と同じペースで走れます。

ただし彼のルートをなぞる場合、箱根峠と鈴鹿峠を越える必要がある点に留意してください。

特に前者は初心者には厳しいと思うので、R246を利用し遠回りすることをお勧めします。

とはいえR246も高速道路のようなものなので、すぐ脇を大型車がビュンビュン通る恐ろしい道ですが……。

オマケにmixiの自転車系コミュ二ティからのコピペを。
■東京-松田
都内から松田までは246を走ります。
自転車通行不可の陸橋、トンネル等が多くありますが、側道を走れば陸橋通過後に合流できます。

http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&om=0&z=18&ll=35.487389,139.463936&spn=0.002913,0.004619
大和のこの地点は本線はトンネルで地下を走っており、自転車だと上道を行くことになります。
一ノ関の交差点を直進せずに右折してください。横断用の信号が無いため左車線を走っていると右折しにくいです。

246は交通量、信号が多く、走っていて全然面白くないです。
速く移動したいのでなければ別の道を走ったほうがいいかもしれません。

■松田-沼津
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&om=0&z=17&ll=35.347598,139.148262&spn=0.005636,0.009238
東名を潜り、246が右折するこの場所は直進して次の籠場交差点で右折、県道72号を進みます。

庶子で合流した後はそのまま246は自転車通行可能ですが、道幅が狭い上に白線に凹凸がつけられており、非常に走りづらいです。
(白線左の路肩は走るには狭すぎ、右を走ると対向車線にはみ出さないと後続の車が追い抜けない、白線はボコボコで乗ると危ないと絶妙なバランス)

ALPSLABrouteのように県道76(旧246)を通ったほうが安全です。
ちなみに私の場合は、ひとりだったら246をかっ飛ばし、数人でツーリングの場合は76を行くと思います。

http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&om=0&z=16&ll=35.357749,139.006963&spn=0.01127,0.018475
その先、駿河小山駅の近く生土交差点からは246は自転車通行不可になります。ここからは県道394を走ってください。

http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&om=0&z=17&ll=35.360146,138.986599&spn=0.005635,0.009238
小山町町役場で左折して149,78ルートのほうが交通量が少ない為お勧めです。

御殿場はそのまま394を通過。岩波駅付近で一旦246と合流しますが、すぐにまた分離します。

この県道394、片道1車線で交通量も多くそれほどお勧めとは言えないのですが、246は自転車通行不可の陸橋がいくつかあり、その側道が綺麗に繋がってない場所があるので私はこちらを走っています。
幹線道路の246を走ったほうが時間は所要時間は短くなるかも。

県394,県67を通り、国1に入ります。

■沼津-静岡
国1はしばらく自転車通行可、これぞ幹線道路という空気の流れを楽しめます。トラックに煽られたりもするので、まったり行きたい方はすぐ横の側道をどうぞ。

http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&om=0&z=16&ll=35.140073,138.732519&spn=0.0113,0.018475
田子の浦、桧町北交差点から自転車通行不可になります。この交差点を左折、次を右折して県道380に。

国139,県396をそのまま直進で富士川橋渡って左折。
国1の新富士川橋で富士川を渡ったほうが距離は短いです。橋は歩道を通れるとはいえ、前後が自転車通行不可なので側道をごちゃごちゃ走らねばならず、県396をお勧めとしました。

道なりに396を進んで国1へ合流。自転車通行不可だった国1もここからは通行可になります。
3kmほど走って駿河健康ランドを越えたところでまた通行不可。左側の細い道に入り、高架のバイパスをトンネルで潜って国1へ。

あとは道路標識どおりに国1で静岡。清水でカクっと右折、左折が入ります。

■静岡-浜松
宇津ノ谷トンネルを抜けた後自転車通行不可となるため、側道に入り県208,県81と岡部市街を進みます。
トンネルはそこそこしっかしりた歩道があるので苦手な人は歩道通行も可。

国1(≠バイパス)をずっと進み島田まで。
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&om=0&z=14&ll=34.838252,138.178053&spn=0.046988,0.0739
ここに国1右折の青標識が出てますが、これはバイパスルート案内のトラップ。右折すると自転車通行不可ではまります。
県55,県381を直進。

大井川を渡って金谷のちょっとした峠。ここは道なりで。
途中バイパスに入らないように注意してください。
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&om=0&z=15&ll=34.80147,138.075914&spn=0.023505,0.03695
県415,直進して国1(≠バイパス)

袋井は県413を。
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&om=0&z=16&ll=34.73835,137.886937&spn=0.011761,0.018475
太田川あたりがバイパス合流でごちゃっとしてます。下りは基本的にまっすぐでOK。

新天竜川橋は自転車通行不可。横に立派な歩道がありここを走れます。

新天竜川橋を渡った後はバイパス左へ。
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&om=0&z=18&ll=34.728502,137.814217&spn=0.002941,0.004619
信号を右折、左折して国1へ出ます。


「鈴鹿の場合、峠越えよりも越えてからが悲惨。
片側2車線の高規格道路を北土山まで歩道無しですよ。
いや、正確には歩道あるけど自転車で走れん。あの狭さでは。
黙ってても速度が出る下りなのが救いかな」

「R2は三原から山間部に入ります。
アップダウンもきつく(東広島辺りまで30km近く登り)、トラックも多い片側1車線の道ですので
時間があるなら、海岸線をいったほうが景色もいいし、楽しいかもです」
スポンサーサイト
Calendar
2017.11.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
著者

じゃに子の人/クラ

Author:じゃに子の人/クラ
+ブログ概要+

名言


presented by 地球の名言
記事
範疇
月別
郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

書籍
フリーエリア

Copyright © 自転車で 地図も持たずに 東京→沖縄 (字余り) All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。